スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォッチメン/愛を読むひと/グラン・トリノ

昨日は『ウォッチメン』を観てきました。
もー、私こういうハリウッド映画は本当に…NGです。
日本でも3月28日から公開されてますが、こっちでは昨日で最後でした。

とにかくアメリカン・コミックベースの作品が苦手なんだと思います。
知識ないと楽しめないし、全然面白くない。
ロールシャッハのキャラクターだけ良かった、と思うくらいかな。
3時間、疲れていたこともあってとっても長く感じました。
でも、好みの問題なので映画の出来がどうこういうつもりは全くナシ。
別の観点から観たらもっといいんでしょうけどね。

で、先週はケイト・ウィンスレットがオスカーをとった『愛を読むひと』を。
しかし、原題は"The Reader"でいいのに、
メキシコでのスペイン語タイトルは"Una pasión secreta"(秘密の情熱)ですよ。
どんなポルノ映画ですか。しかも最初の方はまあそんな感じですが。
El lectorでいいのに。たぶんスペインでは

ケイト・ウィンスレットは、実はなんか下卑た雰囲気を感じてどうも好きになれないのです。で、連れにじゃあ代わりに誰だったら良かったか、と聞かれて、ニコール・キッドマンでも良かったんじゃないか、と適当に頭に浮かんだ女優の名を答えたのですが、後で調べたら当初はニコール・キッドマンだったけど妊娠で降板したんですってね。なるほど。イメージ的にはやっぱりあってたんだ。

でも、ケイト・ウィンスレットのあの肉感的な感じがなかったら、映画は全然違うものになってたでしょう。彼女ナシには考えられない映画、といわれるのもわかります。

あと日本で『GIRLS★GIRLS』(原題はMädchen, Mädchen) として公開されたドイツ映画に出てたKaroline Herfurthが出てて、あ! あのコだ! とすぐ思い出せたのが印象的でした。『GIRLS★GIRLS』なんて全然有名でも、そんなにいい映画でもないし、2001年だからもう7,8年前に1度見ただけの女優さんなのになんかインパクトがあったのですね。顔と演技に。ケイト・モスみたいな顔。

で、『愛を読むひと』なかなか良かったです。

ベストセラー『朗読者』を、『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』などのスティーヴン・ダルドリー監督が映画化。映像も美しく、構成も巧み。全て英語なことにのみ違和感があるけれど、まあそれはしょうがないでしょう。第二次世界大戦後の戦争の傷跡がなまなましく残る西ドイツを舞台に、ホロコースト裁判とそこで交差する男女の人生を描いた物語。時代に翻弄される人の愚かさが、せつなく浮かびあがる映画です。

泣きましたしね。ぼろぼろ。
ストーリーに感情移入してしまった。

解説に年齢差のある男女の情熱の恋、とか、全てを捨ててでも隠したかった秘密、とかありますが、そういう安っぽさではない、と。

性、とか、恥、とか罪、とか、年齢、時間とか、様々なボーダーラインが異なることからの哀しくせつないすれ違い。

誰と誰の人生が偶然に重なったり交差するかは誰にも予測できない。いつの、誰との思い出や出会いが掘り起こされてまた重なるかもわからない。そしてそれが誰にどんな影響を及ぼすかも。

女性側からの視点はあるようでない。あくまでも視線は男性からと観客から。でも彼女の感情の動きは波打って伝わる。

愛、かどうかはわからない。でも離れられない、強い強い引力。

しかし、こういう小説ベースの映画ではよく感じるのですが、ひとの人生を銀幕で2時間前後で見せるのはとても難しい。ある視点と基準で人生が切り取られ、編集されることの面白さとせつなさも強く感じました。結婚したなら妻だって重要なはずなのに一切出てはこないし。重要ではないからなんですが、重要ではない、と誰かが誰かの人生から切り取られることってせつない。

自分で自分の人生を2時間にまとめるとしたら、どこをクローズアップして、どこを切り取るんだろう。あるいは他人がするとしたら。誰が脇役として登場し、誰が切り取られるんだろう、と。

日本では6月19日公開です。

『グラン・トリノ』もその前に観ましたが、まあこっちもなかなか良かったなあ…。粗も目立つけど、いい映画。こういうハリウッド映画なら見たいもんです。こっちは日本では4月25日より。
スポンサーサイト

テーマ : アカデミー賞/映画賞関連
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事+コメント
カテゴリー
俳優/監督/国別映画検索
タイトル別映画検索
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
サルバドールの朝
それでも恋するバルセロナ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
ハイヒール
バンデージ・ポイント
ボーダータウン 報道されない殺人者
まみむめも
やゆよ
らりるれろ
わ・数字
ABCDEFGHI
Backyard/El traspatio
Bajo Ju醇@rez: La ciudad devorando a sus hijas
JKLMNÑOPQ
Pepi, Luci, Bom y otras chicas del montón
RSTUVWXYZ
ブログ内検索
メキシコシティの時間
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数
PopUp WikipediaⅡ
俳優名など気になるキーワードを簡単検索! 記事中の用語をマウスで選択すると、Wikipediaの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
プロフィール

unica

Author:unica
【遊学ブログ】
情熱のスペイン語留学 
【仕事ブログ】
しだみえ道  
【スペイン語ブログ】
Mie con miel
【旅の記録ブログ】
27歳オンナ一人旅
こちらのブログはunica
(うにか)名義で投稿、
コメントしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
1日1クリックお願いです!
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ

FC2Blog Ranking

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
自分のブログ・RSSに登録
RSSフィード
FC2ブックマーク
☆☆☆☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。