スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メキシコ版アカデミー賞に改革求める声が続出

普段Googleニュースで、メキシコやスペインをキーワードにしたニュースをチェックしているのですが、こんなニュースがあったので、転載。

メキシコ版アカデミー賞に改革求める声が続出
4月7日13時18分配信 VARIETY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090407-00000008-vari-ent

メキシコのアカデミー賞といわれるアリエル賞を主催するアカデミー団体(Mexican Academy of Film Arts and Sciences)をめぐり、メキシコ映画界が揺れている。同団体は1946年に設立された歴史ある組織だが、現在のメキシコ映画を反映していないとの批判が集まっている。
珍しいですね。でもちゃんとした情報な気がします。
アリエル賞への批判はよく聞くので、なるほどな、と思います。
スペインのゴヤ賞の方がよっぽど納得できるものである、と。

カチョは昨年、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた“Arrancame la vida”(英題:“Tear This Heart Out”)や“Voy a explotar”(英題:“I'm Going to Explode”)に出演したが、今年のアリエル賞でノミネートされなかった経緯がある。
“Arrancame la vida”は、ノミネートされたんじゃなくて、メキシコから出品されただけないんでしょうかね~。

ちなみに、今年の映画賞でノミネートされたり受賞した作品は半分くらいしか見てません。
一応どこでもかかったってレベルで
Lake Tahoe
Rudo y Cursi
Arráncame la vida
は観たんですけど。
この三作品がノミネートや受賞する意味はもちろんわからなくもないんですけど。
うーん。まあまた今度時間があったらコメントします。

Bajo la salはIrene Azuela目当てで観たかったんですが…苦手ジャンルなので積極的には。でもメキシコ人女優の中ではかなり好きな女優さんです。家の前で見かけたことがあって、かなり可愛かったです。

全文引用は以下
メキシコ版アカデミー賞に改革求める声が続出
4月7日13時18分配信 VARIETY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090407-00000008-vari-ent

メキシコのアカデミー賞といわれるアリエル賞を主催するアカデミー団体(Mexican Academy of Film Arts and Sciences)をめぐり、メキシコ映画界が揺れている。同団体は1946年に設立された歴史ある組織だが、現在のメキシコ映画を反映していないとの批判が集まっている。

アカデミーの入会資格と投票制度の見直しを求める質問状を読み上げたダニエル・ヒメネス・カチョ
 アカデミー会員のなかで、アリエル賞に投票できるのは25人の正会員のみ。新会員の入会審査を行うのも正会員に限られている。ほかに60人余りの名誉会員がいるが、正会員・名誉会員のなかに今のメキシコ映画界をけん引するスターやフィルムメーカーの名前はない。

 たとえば、アルフォンソ・キュアロンやギジェルモ・デル・トロ、ギジェルモ・アリアガといった映画監督や、ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナといった人気俳優はアカデミー会員ではない。しかも、同団体には、映画プロデューサーは参加できない、との規定がある。

 Canana FilmsのPablo Cruzは、メキシコ・アカデミーの現状をこう嘆く。「ガエル(・ガルシア・ベルナル)はアカデミー賞に投票できるのに、アリエル賞にできないなんてひどい皮肉ですよ」

 AltavistaのMonica Lozanoは、映画プロデューサーが入会できないことが最大の問題だと指摘する。「アカデミーは、メキシコで映画製作をしている人たちの意見を反映すべきです」

 Cruzが呼ぶところの「クーデター」が起きたきっかけは、3月31日(火)に行われたアリエル賞授賞式。メキシコ俳優のダニエル・ヒメネス・カチョが、アカデミーの入会資格と投票制度の見直しを求める質問状を読み上げたのだ。

 カチョは昨年、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた“Arrancame la vida”(英題:“Tear This Heart Out”)や“Voy a explotar”(英題:“I'm Going to Explode”)に出演したが、今年のアリエル賞でノミネートされなかった経緯がある。

 カチョは自分だけでなく、多くの作品や俳優が見過ごされていると指摘。その一方で、首をかしげたくなるような作品にアリエル賞を授与していると述べた。「セットで撮影された複雑な映画があるなかで、編集賞をドキュメンタリー映画(“The Inheritors”)に授与するなんてどうかしていますよ」

 アカデミーのPedro Armendariz会長は、批判が寄せられていることを認識しており、今後、アメリカやイギリス、フランスやスペインのアカデミー団体を研究すると約束。ただし、改革は難しいだろうと述べている。

 なお、アカデミー団体は、メキシコ映画が最盛期にあった1946年7月3日に設立。その年には、実に85本ものメキシコ映画が劇場公開され、その記録はいまだに破られていない。唯一の公式業務はアリエル賞の主催だが、メキシコ映画の宣伝や保存、映画産業の保護などを非公式に行っている。
スポンサーサイト

テーマ : アカデミー賞/映画賞関連
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事+コメント
カテゴリー
俳優/監督/国別映画検索
タイトル別映画検索
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
サルバドールの朝
それでも恋するバルセロナ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
ハイヒール
バンデージ・ポイント
ボーダータウン 報道されない殺人者
まみむめも
やゆよ
らりるれろ
わ・数字
ABCDEFGHI
Backyard/El traspatio
Bajo Ju醇@rez: La ciudad devorando a sus hijas
JKLMNÑOPQ
Pepi, Luci, Bom y otras chicas del montón
RSTUVWXYZ
ブログ内検索
メキシコシティの時間
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数
PopUp WikipediaⅡ
俳優名など気になるキーワードを簡単検索! 記事中の用語をマウスで選択すると、Wikipediaの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
プロフィール

unica

Author:unica
【遊学ブログ】
情熱のスペイン語留学 
【仕事ブログ】
しだみえ道  
【スペイン語ブログ】
Mie con miel
【旅の記録ブログ】
27歳オンナ一人旅
こちらのブログはunica
(うにか)名義で投稿、
コメントしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
1日1クリックお願いです!
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ

FC2Blog Ranking

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
自分のブログ・RSSに登録
RSSフィード
FC2ブックマーク
☆☆☆☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。