スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08年4月映画鑑賞記録リスト

4月はいろいろあって、目標よりは映画を観れなかったような。
17本のみで、そのうちスペイン語映画は13本。でもそろそろ
英語映画をスペイン語字幕で観るのにも慣れたいところ。

4/01『Hable con ella/トーク・トゥー・ハー』スペイン/2002
2004年ごろ初めて見たスペイン映画かもしれない。授業などで
何度も見て、これが5回目くらい。見る度に違った発見がある。
これの脚本が欲しいけれど高い。いつかさまざまな資料を照ら
し合わせながらきちんとレビューしたい。DVDで鑑賞。9点

4/01『Señora Beba』アルゼンチン・スペイン/2004
数々の賞を受賞していて、ずっと見たかったのだけれど、残念な
がらピンとこなかった。内容はいいので、単に間の取り方が苦手
なのかも。女主人とお手伝いさんという構図はメキシコにきてか
ら興味のあるテーマで面白かった。DVDで鑑賞。6点。
http://www.youtube.com/watch?v=WrVQ1V3g7b4

4/02『Lus Silenciosa/Stellet licht』メキシコ/2007
アリエル賞受賞作品と聞き、人にも薦められていたけれど
うーん。全然ピンときませんでした。映像はひたすら美しいので
スクリーンで観た方が良かったな、と後悔。DVDで。6点。

4/03『Nueve Reinas/ナイン・クイーンズ』アルゼンチン/2000
日本でも公開されDVDがあったことに後で気づいてビックリ。
純粋に娯楽映画として楽しめます。簡単なトリックでも
何だか楽しげで魅入られます。また観たい。DVDで。9点。

4/05『幸せのちから』アメリカ/2006
スペイン語タイトルは『En Busca de la Felicidad』。
ウィル・スミス主演で息子との共演も話題になった作品。
チルパンシンゴに行くバスの中で往復2回も観た。こういう
アメリカンドリームを描いた作品もたまには悪くない。9点。

4/07『Cronos/クロノス~寄生吸血蟲~』メキシコ/1992
ギジェルモ・デル・トロの作品には興味があったけど、一人で
観るのは苦手なので先生に頼んで授業中に皆で。古さを全く感
じさせないのはすごい。華美な表現は◎だけど苦手。4点。

4/09『Quemar las naves』メキシコ/2008
こういうメキシコ映画があるなら救われる。まだ青く浅い表現
も目立つけれど、全体的に好印象。姉と弟、それぞれの魅力も
十分。音楽も良い。ハチミツやピンポンなども。映画館。9点。

4/12『Caotica Ana』スペイン/2007
スペインで映画館で観た作品をもう一度DVDで。前半、部分部分
は最高! なのに、途中からどうしようもないくらいグダグダに。
とにかく主人公は可愛い。フリオ・メデム監督。6点。

4/13『Bunny Chow』南アフリカ/2006
アフリカ映画祭の作品を1作品だけ観ることができた。ゲラゲラ
笑えてかなり好き。白黒だけど色を感じる。心には残らないけど、
お腹を抱えて笑えるこういう映画も悪くない。9点。

4/16『Maldeamores』プエルトリコ・アメリカ/2007
ウエルバの映画祭で観た映画をDVDでもう一度。最初の15分近くを
見逃していたので丁度良かった。2回目で理解できることも多い。
愚かで感情的で、でも美しくて愛おしい。見ている間よりも、観
終わった後何かが残る。に稚拙さや若さも目立つけれど好き。8点

4/20『となりのトトロ』日本/1988
なんとなく観たくなってスペイン語字幕付きのDVDで。大泣きする。
20年も前の映画にはとても思えない。古さを全く感じさせない。
シンプルで力強く、美しいアニメ。永遠に好き。10点。

4/21『Danzón』メキシコ/1991
脚本を買おうかずっと迷っていて観たかった映画を授業中に。この
ところ「ダンソン」によばれていると思ったのだけれど、今の私に
は、痛々しさが強く感じられて正視できない。ポスターも美しく、
心に残るシーンもいくらでもあるのだけれど。美しさよりも惨めさ
が強く響いて辛かった。6点。

4/21『Párpados Azules/青い瞼(まぶた)』メキシコ/2007
孤独、ということについてずっと考えていた時に呼ばれるように観た。
東京国際映画祭で上映されたはず。観ている間はそれほどいい映画だ
と思わなかったが、観終わってしばらくしてから残っている残像がひ
たすら美しく感じる。語りたくなる要素もたくさん。8点。

4/23『La Montaña Sagrada/ホーリー・マウンテン』メキシコ/1973
私はまだ映画というものを何も知らないんだな、と思い知らされた。
強烈すぎて、35年も前のものだとは思えない。この監督の映画の講
座が開かれ、大学で講演があれば大勢の生徒が集まって熱狂するの
が本当に不思議。グロさだけは受け付けられない。映画館で。6点。

04/23『Los Ladrones Viejos』メキシコ/2007
メキシコの年老いた泥棒たちを追ったドキュメンタリー。俳優でない人の
スペイン語をちゃんと聴き取るのは本当に難しい。題材も中身も悪くは
ない、と思う。6点。

4/26『Martian Child』アメリカ/2007
子どもがひたすら愛おしくて心から泣ける映画。自分の幼い頃に
思いをはせてしまう。こういう映画はハリウッド娯楽映画における
救いのあり方とシンプルさに安心。日本でもヒットするのでは。9点
http://www.youtube.com/watch?v=Fo--9mYFpVM

4/30『Sangre de Mi Sangre』アメリカ/2007
3月2日に映画館で観た作品をもう一度DVDで。メキシコの強い訛りを
前回よりは理解できるようになった。それほど好きだとも思わなかった
けれど、もう一度観たくなったということは魅力を感じている証拠。8点。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事+コメント
カテゴリー
俳優/監督/国別映画検索
タイトル別映画検索
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
サルバドールの朝
それでも恋するバルセロナ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
ハイヒール
バンデージ・ポイント
ボーダータウン 報道されない殺人者
まみむめも
やゆよ
らりるれろ
わ・数字
ABCDEFGHI
Backyard/El traspatio
Bajo Ju醇@rez: La ciudad devorando a sus hijas
JKLMNÑOPQ
Pepi, Luci, Bom y otras chicas del montón
RSTUVWXYZ
ブログ内検索
メキシコシティの時間
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数
PopUp WikipediaⅡ
俳優名など気になるキーワードを簡単検索! 記事中の用語をマウスで選択すると、Wikipediaの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
プロフィール

unica

Author:unica
【遊学ブログ】
情熱のスペイン語留学 
【仕事ブログ】
しだみえ道  
【スペイン語ブログ】
Mie con miel
【旅の記録ブログ】
27歳オンナ一人旅
こちらのブログはunica
(うにか)名義で投稿、
コメントしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
1日1クリックお願いです!
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ

FC2Blog Ranking

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
自分のブログ・RSSに登録
RSSフィード
FC2ブックマーク
☆☆☆☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。