スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bajo Juárez: La ciudad devorando a sus hijas

『Backyard/El traspatio』などシウダー・フアレスの女性殺害事件を扱った映画を観たら、これも観なくちゃいけないでしょ、とDVDを買っておいた作品をやっと観れました。

Bajo Juárez: La ciudad devorando a sus hijas [原題]

[基本データ]
■解説とあらすじ:
北米とメキシコの国境にあるシウダー・フアレスで何百人もの女性が性的暴力を受けて殺害されている事件を、娘を失った母、ベラクルスから出稼ぎに来たばかりの希望でいっぱいの娘、新聞記者などを通して、その哀しい実態を伝えている。
■監督:アレハンドラ・サンチェス/Alejandra Sánchez
■脚本:ホセ・アントニオ・コルデロ/José Antonio Cordero/アレハンドラ・サンチェス/Alejandra Sánchez
■製作:アレハンドラ・サンチェス/Alejandra Sánchez
■製作協力/バネッサ・バウチェ/Vanessa Bauche
■製作会社: Foprocine/ Instituto Mexicano de Cinematografía (IMCINE)/ Pepa Films/ Universidad Nacional Autónoma de México (UNAM)
■上映時間:96分
■ジャンル:ドキュメンタリー
■製作国/地域:メキシコ・シウダー・フアレス
■公開年度/日本公開年度:2006年3月10日/未定
■オフィシャル・サイト
http://www.bajojuarez.com/ (西語)
公式サイトでは、『Backyard/El traspatio』主演のアナ・デ・ラ・レゲラはじめセシリア・スアレスやバネッサ・バウチェら数々の有名俳優らがコメントを残したトレーラーが流れます。この問題を聞き飽きた、としないで、ぜひ目を向けてほしい、と。

[REVIEW・CRÍTICA]
■鑑賞日:2009年4月9日(DVD・メキシコ人と)
■勝手に評価:[★★★★★]

■監督のアレハンドラ・サンチェスはシウダー・フアレスのあるチワワ州出身で1973年生まれ。テレビ局で働きながらNI UNA MAS(2001)のドキュメンタリーで多数の賞を受賞。2003年にCUECを卒業し、この作品が初の監督作品。

■製作協力として『アモーレス・ペロス』でガエル・ガルシア・ベルナル演じるオクタビオの兄嫁役が印象的で、最近は社会派の活動が活発なバネッサ・バウチェが。

ドキュメンタリーとしては構成も内容も秀逸だと思います。ただし、ほかの2作品の映画のあとでよかったかも、とも思えました。ドキュメンタリーはより事実を正確に伝えるものとしてもっともいい手段ですが、やはりフィクションとしての映画の方が強い、のが普通です。しかしほかの2本の細部があまりにいい加減なので、この映画のよさが染みます。絶対にこの映画から、いい要素も盗んでいるはずなのにね、と。

隣で一緒に観てたメキシコ人が涙を流しながらも画面から目をそらせないでいました。

娘を失った母たちからの視点や活動を軸にしているのもわかりやすい。メキシコオリンピック開催を目前にして起こった1968年学生運動弾圧殺害事件(トラテロルコ事件)の母たち、アルゼンチンで軍事政権下で拉致され、行方不明となっている若者達の母親が抗議の白いハンカチを下げて歩く運動などとオーバーラップしてみえてきます。

警察に拷問されながら殺人罪を疑われて投獄されている男性らのインタビューからフォックス前大統領のインタビュー映像、レイプされた死体の映像、メキシコシティのレフォルマ通りを練り歩く母親達のデモ、べラクルスから長距離バスに乗って出稼ぎにフアレスに向かう少女のインタビューなど、さまざまな貴重な画像がちりばめられています。その構成の巧みさと映像の豊富さは実はテレビ局出身の強みでもあるんじゃないでしょうか。

映像そのものも美しかった。

メキシカンピンクで鮮やかに塗られた十字架に娘の名前を書き、それを荒野に打ち立てるという残酷な絵ながら、青く広がる空にそびえたつ十字架が神々しいまでの美しさで輝いていました。

15歳の誕生日をほがらかに祝う娘とその母親も本当に美しかった。

また、軽快なリズムと明るい曲調で、この事件に絡んだ悲しみを歌った歌詞をのせたノルテーニョの音楽が映画全体を彩っています。

しかし、このメキシコで15年間続いている女性の殺人事件は、400人以上の女性が殺害され発見され、行方不明者は5000人には達するのではないかといわているのですが、恐ろしいのはこの失踪者や殺害者の数字だけではなく、この事実が報道されるまでにかかった時間、捜索や解決に至れない事情が、この国境の街、という特殊な場所で、政治家や警察官が機能していないどころかその中心にいるとされていることでしょう。

このメキシコの政治と警察、おそらく報道も、の腐敗ぶりと解決までの道の困難さは、日本の常識とはかけ離れた世界で、ここに自分がいることの是非を問われる気さえします。

過ぎ去った過去の汚点ではなく、今現在も続いていること。そう遠くない環境に自分がいること。

正義、を叫ぶ人であふれているのに、同時に正義、なんてこの国にはまだ存在していないことを誰もが当たり前のように認識していること。

こういう事実の前に、それを何とかしよう、と動き出すよりも、保身を第一に考えるのが当たり前の行動である、というのもまた現実であり。だからといって、目を背けることもできない、ということ。

無力感に襲われもするのですが、それでも立ち向かい、報道する人がいるということ、母親達の叫びに救われる思いもしました。
スポンサーサイト

テーマ : スペイン語映画
ジャンル : 映画

Backyard/El traspatio記者会見様子

4月2日にCineteca Nacionalで行われたBackyard/El traspatioで監督や俳優による舞台挨拶と質問タイムがありました。その様子と質問内容でいくつか覚えてるものをメモ書きしておきます。

Backyard/El traspatio02
ひどい写真ですが…。右端で話しているのがカルロス・カレラ監督。隣が…多分la directora de arte(美術監督)のGloria Carrascoで、次がプロデューサーのIsabelle Tardán、次がAsur Zágada(Juanita Sánchez)、隣のグリーンの服がいとこ役と同じく被害者の女性を演じた女優、Juanitaの彼氏役の俳優、地元のラジオパーソナリティーを演じ、シウダー・フアレス出身でもあるJoaquín Cosío、最後に撮影のMartín Boegéだった、と思います。

しかし、メキシコ映画界の中でもかなり名の知れた監督の作品で、初公開から2ヶ月遅れたとはいえ、俳優陣(それほど有名ではないけれど5人、そしてカメラマンやプロデューサーまで)もいる会見でも、たった100名の会場さえ半分しか埋まらない。ステージもあるけれど、誰ものぼらず、適当な格好でやる気のないやりとりしかしない。ってひどい現状だな…。そんなもんなんですかね。

Backyard/El traspatio03
すっごいダルそう…な。


Isabelle Tardánはサビナ・ベルマンは4年前から脚本の準備を始め、あっという間に書き上げてしまったこと(連れはここで、Se notaとくすくす。まあやっつけ、とも受け取れるわけで)、その後何度も現地に足を運んで取材したことに言及。監督もIsabelle Tardánも撮影はどうしてもシウダー・フアレスでしたかったけれど、最近の治安の悪化もあって、本当に大変だったと苦労話を語っていました。

●何故、公開してたった一週間程度で打ち切られたか、という観客からの質問にたいして。
まあ、政治的な圧力があった、ということでも何でもなく。単にオスカー受賞映画ばかりがかかる時期とぶつかったこと。あとは既にこの問題を描いた映画はあるのに、二つ目を観たい、って思うかどうか、皆「ガエルが歌ってる」方ががみたいでしょ、とのこと(ガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナ共演のRudo y Cursiを指して。会場皆大笑い)。また、こういう種類の映画はいつもそうだから、そんなもんでしょ、と。それでも○○人は入ったんでしょ、と監督が言ったのですが、プロデューサが慌てて打ち消して、かなり水増ししてました。たぶん20万→50万だったと思いますが、数字を覚えてなくて失礼します。

●何故英語のタイトルなのか、という観客から質問にたいして。
国境の町で起こった事件だから英語とスペイン語の両方のタイトルにしたかった。もちろん国際的に知られて欲しい、という願いもこめて、とは監督から。

●最後に私は映画人でもなんでもない普通の主婦です、と前置きしてから突然しゃくりあげて泣き出した老婦人がいました。何にも知らなかったから、こんな素晴らしい映画がプロモーションされないなんて本当に残念。世界を、第三世界を知らせてくれた本当に素晴らしい映画だった、って。誰も何も返答しなかったんですけどね。皆リアクションなし。

私は世界(mundo)これでわかっちゃうなんてすごいですねーと、しらけました。幸せな世界に生きている人なんでしょうね。別に彼女を批判したいわけではないですが。なんかこれも同じ国の人が言うことなんだなーとちょっとショック。考えすぎでしょうか、ね。

●オアハカ出身でフアニータの彼氏を演じた俳優は、誰もがチャンスを持っているわけではないこの国で思うアメリカンドリームと、その実態が抱えるものとのギャップがすごいんだな、ってことが改めて衝撃だったと語っていました。

●カメラマんは実は悲劇的な映画で、出口もわからないまま。でも前に進むために解決方法は見つけなくちゃならないんだ、とコメント。この解決方法が全く見えなければ進もうとする人も少ないところがメキシコの悲劇ですね。

Cineteca Nacionalからのレポートはこちらで
http://www.cinetecanacional.net/bolcntk/?id=54

ま、随分感情的になってたらたらと書いてしまいましたが、言語的な問題で解釈を誤ってる可能性もあるし、偏った見方をしているかも…という点については恐縮です。

テーマ : スペイン語映画
ジャンル : 映画

Backyard/El traspatio

4月2日、ずっと見逃していた『Backyard/El traspatio』を観にいってきました。
Cineteca Nacionalでカルロス・カレラ監督の舞台挨拶つきだというので。
会社から走り出て、駅からも走って、走って。
うわーもう既に長蛇の列! と思ったのですが、
実は思いっきりすかすかで、半分も埋まっておらず、真ん中に坐れました。

さて、いろいろ評判を聞いて、それなりに期待していたのですが…。
その分、ものすごく残念で、がっかりして、最後の記者会見では、怒りさえ覚えて、やりきれない思いでいっぱいに。

一緒に観にいった連れとずーっと悪口を言い続け、しかし何が悪いのか、どうであればよかったのかなどをずーっと議論しあいました。

ま、映画テクニック的には悪くないのです。メキシコ映画よりもハリウッドに近い"レベル"の映画という意味では評価できるでしょう、ね。

でもまあ…ひと言でいうと、ひどい映画、でした。私には。ある意味同じ題材を扱ったハリウッド映画『ボーダータウン 報道されない殺人者』の方が(こちらも評価の低い映画ですが)まだ映画として評価できる…と。

Backyard-El traspatio [原題]

Backyard/El traspatio

[基本データ]
■解説:サビナ・ベルマン脚本、カルロス・カレラ監督によるメキシコ映画で、実際にメキシコ北部のシウダー・フアレスで起きている女性殺害問題をベースにした社会派スリラー。

■あらすじ:理想主義のきらいがある若い女性警官ブランカ・ブラボが、北米とメキシコの国境にあるシウダー・フアレスに着任。毎月2人の殺害者の遺体が発見されるこの都市で、犯人をあげようと張り切るが、そのうち、その事実にふたをしようとする圧力と直面し、上層部や腐敗した社会と戦うことも余儀なくされる。一方、チアパスのシンタラパから17歳の少女フアニータはキカイという名のマキラドーラで働くためにシウダー・フアレスにいとこを頼って到着。田舎から出てきたばかりで先住民語を話す彼女は、いとこらに影響を受け、化粧して着飾り、夜遊びすることに夢中になっていく。国境でさまざまな思惑がうごめくシウダー・フアレスで二人の運命は…。

■監督:カルロス・カレラ(Carlos Carrera)
■脚本:サビナ・ベルマン(Sabina Berman)
■出演:アナ・デ・ラ・レゲラ/Ana de la Reguera(Blanca Bravo)、Jimmy Smits(Mickey Santos)、Alejandro Calva(comandante)、Joaquín Cosío (Peralta)、Asur Zágada(Juanita Sánchez)、Adriana Paz(Hilda)、Enoc leaño(gobernador)、

■撮影:Martín Boegé
■音楽:Fernando Corona Murcof
■上映時間:122分
■ジャンル:スリラー
■製作国/地域:メキシコ
■公開年度/日本公開年度:2009年2月20日/未定
■配給:Paramount Pictures
■オフィシャル・サイト
http://www.backyard-eltraspatio.com/ (西語)

[REVIEW・CRÍTICA]
■鑑賞日:2009年4月2日(映画館・メキシコ人と)
■勝手に評価:[★----]

●監督
監督のカルロス・カレラは日本でも公開されたガエル・ガルシア・ベルナルとアナ・クラウディア・タランコン主演の『アマロ神父の罪/El crimen del padre Amaro』(2002/メキシコ)、『Sin remitente/差出人のない手紙』(1995/メキシコ)で有名な1962年生まれ、メキシコシティ出身の監督です。若干28歳で撮った1990年初の長編映画『ベンハミンの女/La mujer de Benjamín』が高い評価を得ています。2005年の前作『Sexo, amor y otras perversiones - María en el elevador 』もまあまあ話題になったのかな。持ってるけどまだ観てません。

●脚本
脚本のサビナ・ベルマンは1955年メキシコシティ生まれの女性で、作家・エッセイストとして主に活躍していますが、まあ脚本家であり、詩人であり、心理学者でもある…と。

この映画はこの二人のタッグが注目されていて、対談がYahoo!MexicoにUPされています。音声聞ける環境に無いので聞いていませんが。
http://mx.video.yahoo.com/watch/4531028/12138078

●主演女優
主演女優のアナ・デ・ラ・レゲラは4月8日の今日が誕生日。本名はAnabell Gardoqui de la Regueraで1977年ベラクルス生まれ。同い年です。テレビドラマ出身で、一応今は国際的に活躍する女優。日本だと『ナチョ・リブレ 覆面の神様/Nacho Libre』(2006)くらいでしょうか。
公式サイト
http://www.anadelareguera.net/(英・西語)

とにかく美人女優なんですよねー。最近映画のプロモもあるんでしょうが、いろんな雑誌に出ています。その美人がこの映画に出演するために8kg減量し、化粧もせずに出なければならなかったとか。ま、確かに映画の冒頭でも誰も彼女と気づかないくらいの変身っぷりです。てか、普段化粧濃すぎなのでは…。
Backyard/El traspatio01

撮影のMartín Boegéは『El Violin』 (2005) とかも撮っててなかなか活躍してるのでは。監督業もやってます。

●舞台
シウダー・フアレス(Ciudad Juárez)はチワワ州最大の都市で、人口114万人。リオ・グランデ川を挟んでアメリカ合衆国テキサス州のエル・パソと橋でつながっています。このメキシコとアメリカの国境地域では、マキラドーラと呼ばれる対米輸出工場が多数あり、そこでは免税が適用され、安価な原料と人件費のため、日本など外資の工場も多いといいます。また、稼ぎ手として各地方から多くのメキシコ人が集まります。

●背景
さて、この映画の題材になっている事件は国境の町シウダー・フアレスで今も増え続ける女性殺害事件。10年で5000人以上といわれる被害者の多くは、免税される対米輸出工場(通称マキラドーラ)の劣悪な環境で搾取される貧困層出身の若い女性達だといわれています。メキシコの汚職まみれの警察の捜査放棄や政治家による情報隠蔽で明るみにされない主な目的は臓器売買、カルト映画撮影のためなどいろいろ言われていますが、強姦され、性的な暴力を受けたのちに遺棄されているものが多いといいます。

ネタばれになる可能性もあるのですが…、ベラクルス州での性犯罪数がメキシコの中で、フアレスよりもずっと多いってのはちょっと驚きでした。ペルーのリマやアルゼンチン・リマで、ってのも。アメリカも2004年だけで3000人以上いる、とか。でも映画内では話を一般化してもしょうがない…のではと思います。

●類似映画
類似の題材を扱った映画で日本で公開されたものとしては、ジェニファー・ロペス、アントニオ・バンデラス出演、フアネスのライブシーンも話題となった『ボーダータウン 報道されない殺人者』(グレゴリー・ナヴァ監督(2006年)。

●フアレス女性連続殺人に関する報道など
活動家、政府のフアレス女性連続殺人報告書を非難
http://www.news.janjan.jp/world/0602/0602269909/1.php
日本語ではこの程度のニュースしかないのですが、とりあえず。

ここからは…かなり細部に入っていくので、読みたい方のみクリックを。

続きを読む

テーマ : スペイン語映画
ジャンル : 映画

ウディ・アレンがバルセロナで撮った最新作

6月以来、本数は減ったものの40本以上は観ているのですが、
なかなか億劫で書けません。

昨日はおなじみ水曜の映画の日! ということで
ウディ・アレン監督の最新作『Vicky Cristina Barcelona
(それでも恋するバルセロナ)』を観てきました。

Vicky Cristina Barcelona / それでも恋するバルセロナ [原題/邦題]
Vicky Cristina Barcelona
[基本データ]
■解説:ウディ・アレンがバルセロナで撮った最新作で、ハビエル・バルデムにペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソンと豪華キャストが三角関係を繰り広げるロマンティックコメディ。数々の映画祭で招待され、賞も獲得。

■あらすじ:バルセロナに夏の休暇を過ごすために訪れたアメリカ人のお堅いヴィッキーと奔放なクリスティーナ。セクシーなスペイン人画家・フアン・アントニオにオビエドへの小旅行に誘われ、二人とも彼に惹かれて行くが、さらにその元妻との関係にも巻き込まれていく。

■監督:ウディ・アレン
■脚本:ウディ・アレン
■出演:ハビエル・バルデム(フアン・アントニオ)、ペネロペ・クルス(マリア・エレナ)、スカーレット・ヨハンソン(クリスティーナ)、レベッカ・ホール(ヴィッキー)、パトリシア・クラークソン(ジュディ)、ケヴィン・ダン(マーク)、クリス・メッシーナ(Doug)
■上映時間:96分
■ジャンル:ロマンティックコメディ
■製作国/地域:スペイン・アメリカ/バルセロナ
■公開年度/日本公開年度:2008年/ 2009年6月27日予定
■オフィシャル・サイト
http://vickycristina-movie.com/ (英語)
www.vickycristinabarcelonalapelicula.es/(西語)

[REVIEW・CRÍTICA]
■鑑賞日:2008年12月11日(映画館・メキシコ人と)
■勝手に評価:[★★★★-]

カンヌ映画祭招待作品だったし、この作品からハビエル・バルデムとペネロペ・クルスの関係が噂されはじめたりして…、ペネロペ・クルスとスカーレット・ヨハンソンのレズシーンもよく取り上げられて、話題が先行してました。ということで、こちらでも封切られたばかりなので、長蛇の列で劇場も満員。

チケットを買うために並んでるときに、後ろにいたカップルの彼氏の方が「でもさ…これ、もしかしてファッキン英語映画?」って彼女に聞いてました。ハビエル・バルデムにペネロペ・クルスでバルセロナが舞台ときたら確かにスペイン映画と思ってもおかしくはないんですけどね。

スペイン語のシーンは1,2割といったところでしょうか。
しかし、スペイン語のやりとりは、ペネロペ・クルスとハビエル・バルデムにほぼまかせられていたそうで、ののしりあう様子は結構笑えます。

ま、かなり大笑いできた映画でした。
ひっきりなしにゲラゲラ笑ってるおばちゃんもいましたよ。

アメリカ人から観たスペイン、ってのがよく現れていると思います。アメリカ人がスペインで過ごしたひと夏のアバンチュール&どんちゃん騒ぎ的な映画です。人生の中を通過していった情熱と欲望と混乱の夏、という感じ。

ザ・スペイン人、をハビエル・バルデムとペネロペ・クルスが大げさによく演じてると思います。スカーレット・ヨハンソンもまあ良かった。意外にヴィッキー役のレベッカ・ホールが一番良かったような気もしますが。

グラナダにいた二人のアメリカ人とかを思い出しました。二人とも美人だったからモテモテで、しかも一人はスカーレット・ヨハンソンの役名と同じクリスティーナでした。で、もう一人はエリカという名前でしたが、そっちはスペインで、ですが彼氏を作って、わりと真面目。クリスティーナの方が、皆にクレイジーって言われるの、と言われていた、ちょっと不思議ちゃん系の子で、そんな関係も似ていたような。

同じ外国人であった私ですが、アメリカ人の子達のことはどっちかというとスペインからの目線で眺めていて。

だから今回も、アメリカからきた英語しかしゃべりたがらなくて、ちょっとしたことにすぐ混乱してショックを受けながらも、お金を散々使って楽しんで、夏が過ぎたらさっさと本国に帰っていく美人達、それに手を出すスペイン人、っていう構図もなんだか、よくある話でデジャヴが感じられて面白かったです。
しかし、アメリカ人にとってみれば、本国に帰ってしまえば熱い思い出として消化してしまえることだけれどスペイン人には日常が待っているわけで、やっぱりいろいろ大変そうです。

この映画で、結局アメリカ人と付き合うのに懲りたか、アメリカ人に盗られたくなかったのか、ペネロペ・クルスがハビエル・バルデムといるようになったのかなーと想像するのも楽しいもの。

しかし、この二人、三角関係とか四画関係の映画にもよく出ているようなイメージが…と思ったら、前回の共演作ビガス・ルナの『ハモン・ハモン』とか、共演シーンはないものの『欲望の法則』とか、あとは同じくビガス・ルナ監督の『ゴールデン・ボール』とか…。

Vicky Cristina Barcelona01
エキセントリックなペネロペ・クルスを見ながらもでもスペイン人女性って確かにこんなのかもしれないなーと思います。友達にはなりたくないけど、見ている分には魅力的です。連れはイタリア人みたいにみえるよなーと言ってました。

映画は見方によってはバルセロナのプロモーション映画みたいです。『スパニッシュ・アパート』よりもバルセロナの観光名所がたっぷり出てきます。ウディ・アレンはどこでもよかったみたいですが、バルセロナからの誘致で決めたとか。スペイン語字幕でやるかとか、カタランはどうするかとかいろいろ揉めたみたいですけどね。確かに、スペイン人が、とくにカタラン人が観たらむかつきそうです。

スパニッシュ・ギターをかき鳴らす、とかね。派手なアクションで絵を描くアーティストとか、ヒステリックなスペイン美女とか、情熱にまかせた男女関係とか。日本映画で芸者とさむらいが出てきて、メキシコ映画ででっかい帽子かぶってテキーラ飲む人が出てくるとかそんな感じですもの。

この映画は2007年の6月から撮影が開始され、私がちょうどスペインにいた頃だったので、そんな懐かしさもありますが。

挿入歌がとっても良くて。聴くところによると、無名の歌手がウディ・アレンにそっと手渡したテープを彼が気に入って採用になったとか。これまで、彼の映画で、こんなタイトル・ソングが使われることは
なかったそうなんですけど。ちょっと調べて手に入れたいサントラです。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

最近の記事+コメント
カテゴリー
俳優/監督/国別映画検索
タイトル別映画検索
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
サルバドールの朝
それでも恋するバルセロナ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
ハイヒール
バンデージ・ポイント
ボーダータウン 報道されない殺人者
まみむめも
やゆよ
らりるれろ
わ・数字
ABCDEFGHI
Backyard/El traspatio
Bajo Ju醇@rez: La ciudad devorando a sus hijas
JKLMNÑOPQ
Pepi, Luci, Bom y otras chicas del montón
RSTUVWXYZ
ブログ内検索
メキシコシティの時間
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数
PopUp WikipediaⅡ
俳優名など気になるキーワードを簡単検索! 記事中の用語をマウスで選択すると、Wikipediaの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
プロフィール

unica

Author:unica
【遊学ブログ】
情熱のスペイン語留学 
【仕事ブログ】
しだみえ道  
【スペイン語ブログ】
Mie con miel
【旅の記録ブログ】
27歳オンナ一人旅
こちらのブログはunica
(うにか)名義で投稿、
コメントしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
1日1クリックお願いです!
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ

FC2Blog Ranking

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
自分のブログ・RSSに登録
RSSフィード
FC2ブックマーク
☆☆☆☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。