スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ステップ! ステップ! ステップ!』

今週は人生で初! 毎晩酔いつぶれて寝てます。家で、ひとりで呑んでるわけです。特に、木曜と金曜はなんていうか、ものすごくストレスフルな二日間で。

ワインとチーズとキャビアっていう豪華な組み合わせで自分を慰めつつ大好きな映画を。

『ステップ! ステップ! ステップ!』

最初から涙が溢れてきてずーっと泣いてました。ほぼ全編に渡って。

でも、哀しい映画でもなんでもないです。

NYの子供達が社交ダンスコンテストに参加するっていうドキュメンタリー。

何がそんなに私の涙腺を刺激するのか自分でもよくわからないのですが、感動、感動の嵐で。ものすごーーーく好きなのです。

ま、ダンスとドミニカ共和国移民、NY、子ども、とか好きなキーワードもいっぱいあるのですが。

子ども達の何気ない表情に、先生の思いに、いちいち胸がキューーーンとします。

特に、ウィルソン君!! もう恋しちゃうってくらいカワイイのです。

日本でも映画館行って泣いて、DVDは即買い。今amazonチェックしたら「お客様は、2006/9/25にこの商品を注文しました」 と購入日が出てきたくらいです。発売日は9月22日だったらしい。でメキシコでも50ペソでオリジナルを見つけたので買っちゃったし。

翌朝目が腫れてたけど、まあしょうがないね。

しかし、原題の『MAD HOT BALLROOM』もどうかと思いますし、スペイン語の"Locos por el baile"ってのもどうかと…。『ステップ! ステップ! ステップ!』も好きじゃないけどこの3つならマシ、かも。

ちなみにスペイン語映画ではないですが、5%くらい? スペイン語が出てきます。先生は完璧に近いバイリンガル。ああいう風に二つの言語を操れるってすごいなーーーと思います。すっごいドミニカ訛りですが、それがまたいい。

いつかまた整理して書きます。

うううーーーん。このブログ…いつになったらちゃんと書けるのか…。
スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

ワインを観ながら映画鑑賞

インフルエンザ騒動があって、どんどん映画をたくさーーん見れるんじゃないかと期待してたのに全然ダメです。仕事がありすぎて残業の嵐。忙しすぎて、無理。DVDばかりたくさん買いためてばかりでアホですね。映画館には月2回くらいのペースになってるし…。

しかし、最近ワインの取材でいろいろ飲んでいるのですが、なんとメキシコ産のポートワインがあることを知りました。まあポートワインはポルトガル産なので、厳密にいうとポートワイン風、なのですが…。

コチラです。
http://dshermanos.com/vinos/generosos.php?id=2
85ペソで買えるのもすごい。

ブランデーを足して熟成させた、濃くて甘い食後酒ですが、アルコール分が17%とまあまああるので、一度には呑めきれない。まあ5日くらいかけて呑めそうなのでいいコストパフォーマンスです。って無理しなくても保存がきくのもいい!!

たっぷり残業して夜23時半に家に着いて、早速! 鴨のクリームパテとたまねぎとにんにく風味のチーズ、それにツナとオリーブをクラッカーに載せて即席タパス作って、よーーーく冷やしたポートワインを。

で、いい男といい年の女優満載のスペイン映画『Reinas』を観てゲラゲラ笑って超ごきげんになりました。

http://wwws.warnerbros.es/movies/reinas/

これ、同性愛婚が許可された2005年に作られた同性愛婚とそのおかあちゃん達のコメディなんだけど、出演陣が豪華で、すっごい面白いのです。若い女性が全然出てこないのも面白い。ひとくせもふたくせもあるスペイン母ちゃん達と、ゲイの美男子が勢揃いするどたばたコメディ。

これだけ爆笑できるコメディもない、と思えるくらい。ぜんぜん有名ではないのですが。人によっては嫌み、というか素直に笑えないところをあちこちで感じるかもしれませんが、私はまあ単純に楽しめるコメディとして好みです。夜中にゲラゲラ笑ってました。要するに私の笑いのツボがあちこちにあるのでしょう。

スペインの大学で借りて観て、DVDを見つけて大喜びで買ったっけ。一時帰国したときに日本から持ってきた中の1枚です。

すっかり酔っ払ってすっごい楽しくて気持ちいい夜中2時。こういう方法をなんで思いつかなかったんだろうな…。家で見る醍醐味はお酒とか美味しいものをつまみながら見る、ということだったのだ、と。そう、いつもポップコーンとコーラじゃなくて、ワインとチーズ。そして疲れたときに大笑いできる映画。

こういう楽しみ方、もうちょっと生活に取り入れよう、と思ったのでした。

テーマ : スペイン語映画
ジャンル : 映画

ウォッチメン/愛を読むひと/グラン・トリノ

昨日は『ウォッチメン』を観てきました。
もー、私こういうハリウッド映画は本当に…NGです。
日本でも3月28日から公開されてますが、こっちでは昨日で最後でした。

とにかくアメリカン・コミックベースの作品が苦手なんだと思います。
知識ないと楽しめないし、全然面白くない。
ロールシャッハのキャラクターだけ良かった、と思うくらいかな。
3時間、疲れていたこともあってとっても長く感じました。
でも、好みの問題なので映画の出来がどうこういうつもりは全くナシ。
別の観点から観たらもっといいんでしょうけどね。

で、先週はケイト・ウィンスレットがオスカーをとった『愛を読むひと』を。
しかし、原題は"The Reader"でいいのに、
メキシコでのスペイン語タイトルは"Una pasión secreta"(秘密の情熱)ですよ。
どんなポルノ映画ですか。しかも最初の方はまあそんな感じですが。
El lectorでいいのに。たぶんスペインでは

ケイト・ウィンスレットは、実はなんか下卑た雰囲気を感じてどうも好きになれないのです。で、連れにじゃあ代わりに誰だったら良かったか、と聞かれて、ニコール・キッドマンでも良かったんじゃないか、と適当に頭に浮かんだ女優の名を答えたのですが、後で調べたら当初はニコール・キッドマンだったけど妊娠で降板したんですってね。なるほど。イメージ的にはやっぱりあってたんだ。

でも、ケイト・ウィンスレットのあの肉感的な感じがなかったら、映画は全然違うものになってたでしょう。彼女ナシには考えられない映画、といわれるのもわかります。

あと日本で『GIRLS★GIRLS』(原題はMädchen, Mädchen) として公開されたドイツ映画に出てたKaroline Herfurthが出てて、あ! あのコだ! とすぐ思い出せたのが印象的でした。『GIRLS★GIRLS』なんて全然有名でも、そんなにいい映画でもないし、2001年だからもう7,8年前に1度見ただけの女優さんなのになんかインパクトがあったのですね。顔と演技に。ケイト・モスみたいな顔。

で、『愛を読むひと』なかなか良かったです。

ベストセラー『朗読者』を、『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』などのスティーヴン・ダルドリー監督が映画化。映像も美しく、構成も巧み。全て英語なことにのみ違和感があるけれど、まあそれはしょうがないでしょう。第二次世界大戦後の戦争の傷跡がなまなましく残る西ドイツを舞台に、ホロコースト裁判とそこで交差する男女の人生を描いた物語。時代に翻弄される人の愚かさが、せつなく浮かびあがる映画です。

泣きましたしね。ぼろぼろ。
ストーリーに感情移入してしまった。

解説に年齢差のある男女の情熱の恋、とか、全てを捨ててでも隠したかった秘密、とかありますが、そういう安っぽさではない、と。

性、とか、恥、とか罪、とか、年齢、時間とか、様々なボーダーラインが異なることからの哀しくせつないすれ違い。

誰と誰の人生が偶然に重なったり交差するかは誰にも予測できない。いつの、誰との思い出や出会いが掘り起こされてまた重なるかもわからない。そしてそれが誰にどんな影響を及ぼすかも。

女性側からの視点はあるようでない。あくまでも視線は男性からと観客から。でも彼女の感情の動きは波打って伝わる。

愛、かどうかはわからない。でも離れられない、強い強い引力。

しかし、こういう小説ベースの映画ではよく感じるのですが、ひとの人生を銀幕で2時間前後で見せるのはとても難しい。ある視点と基準で人生が切り取られ、編集されることの面白さとせつなさも強く感じました。結婚したなら妻だって重要なはずなのに一切出てはこないし。重要ではないからなんですが、重要ではない、と誰かが誰かの人生から切り取られることってせつない。

自分で自分の人生を2時間にまとめるとしたら、どこをクローズアップして、どこを切り取るんだろう。あるいは他人がするとしたら。誰が脇役として登場し、誰が切り取られるんだろう、と。

日本では6月19日公開です。

『グラン・トリノ』もその前に観ましたが、まあこっちもなかなか良かったなあ…。粗も目立つけど、いい映画。こういうハリウッド映画なら見たいもんです。こっちは日本では4月25日より。

テーマ : アカデミー賞/映画賞関連
ジャンル : 映画

イレーネ・アスエラ/Irene Azuela

ホアキン・コシオに続いて…すごい女優に遭遇しちゃいました!!!

今回は、思い切って話して連絡先までもらっちゃいました。
ホアキン・コシオも話しかけてみればよかった!!

さて、そのすごい大物女優とは…

イレーネ・アスエラ/Irene Azuela

29歳でまだ若手だけどテレビや劇場でも活躍中で、映画ではメキシコ版アカデミー賞の主演女優賞を去年と今年続けて受賞。 特に映画界では注目度の高い女優です。

日本で観れる彼女の作品といえば、以前にEl bufalo de la nocheが『夜のバッファロー』として
ラテンアメリカ映画祭で上映されたくらいですが。 しかも私DVD持ってるけどまだ観てないし(駄作だといわれているので…)。

絶対きますよーこのコ。 思ってたより若くないし、格別美人でもスタイル抜群でもないですが、すっごい魅力的です。 英語もいけるんだから、ハリウッドでの活躍も遠くないかも。

いわゆる美人女優として有名、ではないのです。もっとカルチャーよりのコ、なので、観たからってみんながキャーキャーいうわけではない。でもだからこそ好感度高いです。

すっごい興奮したけどこの興奮をわかちあってくれる人は…あんまいないかも。。。っていうのが残念です。周りでもこの子の名前を知ってるコはそんなにいないし。

いやーとにかく何かアクション起こしたいですけど、日本の雑誌とかに紹介できればいいのにな…。私が売り込みたいくらいですが。顔自体も日本人ウケすると思います。

以前にもね、コンデサでうちの前を歩いているところを見かけたんですよ。まあ話しかけるってアイディアも浮かばなかったですが。そのときと同じように白いタンクトップでコンバースはいてました。

今日は同じくコンデサにある取材先のレストランで見かけて…。サングラスかけてて自信なかったけど、何度も見るうち彼女だ、ってほぼ確信。連れの彼氏らしき人に勇気出して話しかけてみました。「彼女女優さんですよね…?」って。でちょっと話すうちに、紹介するよって言ってくれたので。彼女達は、最初私が彼に話があるって思ったみたいなんですけど。私は自分の雑誌見せて、名刺も渡して話して…。いつか日本のメディアにも紹介したいですって言ったらすごく喜んでくれて、いつでも取材に応じてくれるっていって、彼女からメアドくれました! あと、私がやってる雑誌も読みたいって言ってくれたのでその場でプレゼント。なんか唯のミーハーみたいですが。しかしいい感じのコだったなー。何とかまたコンタクトが取れるように頑張りたいっす。

1979年ロンドン生まれ。テレビアステカのCentro de Formación Actoralで演技の勉強を始め、London Academy of Music and Dramatic Artsの大学院やDesmond Jones School of Mime and Physical Theaterで舞台演技を勉強。テレビアステカのテレノベラ女優としてスタート。 La Gaviotaを始めとする 舞台でも活躍しました。その後、2007年に『El búfalo de la noche』でスクリーンデビュー。『Quemar las naves』で主演し、その演技が話題となって、2008年のアリエルで主演女優賞を受賞。XXII Napa Somona Wine Country Film Festivalでも主演女優賞を受賞。その後『Arráncame la vida』など話題作にも出演。『Bajo la sal』で再びアリエル主演女優賞を受賞。


『El búfalo de la noche』(2007).
『Quemar las naves』(2007).
Quemar las naves
『Es muy fácil』(2007).
『Amor, dolor y viceversa』(2008).
『Arráncame la vida』(2008).
『Bajo la sal』(2008).

去年から今年はジョン・マルコビッチが監督した「Good Canary」という舞台にディエゴ・ルナやダニエル・ヒメネス・カチョらと出て話題に。観にいけなかったですが、いい演技してたそうですよ。
そのときの写真はコチラ。
Irene Azuela

ちなみにテレノベラでの活動暦は以下。
Todo por amor (2000).
Lo que callamos las mujeres.
Amores querer con alevosía (2001).
La otra mitad del Sol (2005).
Sangre eterna (2008).

演技をまとめて観たい方は


Wiki
http://es.wikipedia.org/wiki/Irene_Azuela

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0044430/

テーマ : 俳優・女優
ジャンル : 映画

ホアキン・コシオ/Joaquín Cosío

昨日、コンデサ地区にある日本食レストランMUSUKOでJoaquín Cosíoを見ました! コンデサ・ローマ地区は本当にメキシコ有名人遭遇率が高い気がするのですが…。

遭遇記念で彼の略歴をざっと調べてみました。

ホアキン・コシオ/Joaquín Cosío
Joaquín Cosío

1962年 メキシコ・ナジャリ州生まれ。フアレス出身、と言っていたのですが、どうなんでしょ。近くに80年代に劇場役者として始めて、2002年から映画にも。テレノベラにも登場。名脇役といったところでしょうか。

現在までの出演作品は以下。
『Backyard/El traspatio』(2009) .... Peralta
『Rudo y Cursi』(2008) Padrastro de Tatto y Beto
『Quantum of Solace 007/慰めの報酬』(2008) .... General Medrano
『Arráncame la vida 』(2008) .... Juan
『El viaje de Teo』(2008) .... Manlio
『Violanchelo』(2008) .... Agente
『Segurança Nacional』(2007) .... Hector Gasca
『Hitgirl』(2007) .... Mr. Sanchez
『La pared』(2007) .... Miguel
『La verdadera pasión』(2007)
「Sexo y otros secretos」(2007) TV series .... Vicente (unknown episodes)
『La sangre iluminada』(2007) .... Isaías
『Efectos secundarios』(2006) .... Conductor
『Un mundo maravilloso』(2006) .... Vagabundo
「Los plateados」 (2005) TV series .... Kamal Bashur
『El otro José』(2005)
『La afición somos todos』(2004) .... Apostador
『Hugoool』 (2004) .... El Comandante
『Matando Cabos』(2004) .... Ruben "Mascarita"
『Sin ton ni Sonia 』(2003) .... Coronel Astorga
『Una de dos』(2002) .... Tío Luis

最近の話題作にもは続けて、というか年間かなりの本数に出ていますね。
観てないのでなんともいえませんが、『Matando Cabos』 の役が当たったようで、アリエル賞にもノミネートされてます。『Quantum of Solace 007/慰めの報酬』でハリウッドに。それ以外で日本で公開になった作品は無さそうなのが残念ですが。

『Backyard/El traspatio』『Rudo y Cursi』『Arráncame la vida 』のみ観てるのですが、いい俳優さんだと思います。

IMDB
http://www.imdb.com/name/nm1370408/
WIKI
http://es.wikipedia.org/wiki/Joaqu%C3%ADn_Cos%C3%ADo

ここでのインタビューと写真がいい感じです。
http://www.premiere.com.mx/node/1108

テーマ : 俳優・女優
ジャンル : 映画

最近の記事+コメント
カテゴリー
俳優/監督/国別映画検索
タイトル別映画検索
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
サルバドールの朝
それでも恋するバルセロナ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
ハイヒール
バンデージ・ポイント
ボーダータウン 報道されない殺人者
まみむめも
やゆよ
らりるれろ
わ・数字
ABCDEFGHI
Backyard/El traspatio
Bajo Ju醇@rez: La ciudad devorando a sus hijas
JKLMNÑOPQ
Pepi, Luci, Bom y otras chicas del montón
RSTUVWXYZ
ブログ内検索
メキシコシティの時間
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数
PopUp WikipediaⅡ
俳優名など気になるキーワードを簡単検索! 記事中の用語をマウスで選択すると、Wikipediaの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
プロフィール

unica

Author:unica
【遊学ブログ】
情熱のスペイン語留学 
【仕事ブログ】
しだみえ道  
【スペイン語ブログ】
Mie con miel
【旅の記録ブログ】
27歳オンナ一人旅
こちらのブログはunica
(うにか)名義で投稿、
コメントしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
1日1クリックお願いです!
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ

FC2Blog Ranking

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
自分のブログ・RSSに登録
RSSフィード
FC2ブックマーク
☆☆☆☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。